上手に住宅ローンを乗り換えるコツ

上手に住宅ローンを乗り換えるコツ

ここ数年で住宅ローンの乗り換え件数が大きく増えました。その背景には住宅ローンの負担を少しでも減らしたいと思う人が多いからかもしれません。

 

実際に住宅ローンは乗り換えたほうが得なのでしょうか。せっかく乗り換え手続きをしたのに、毎月の返済額が増えてしまうのはどうしても避けたいものです。そこで上手に住宅ローンを乗り換えるコツを紹介しましょう。

 

ます基本的なことですが、住宅ローンを乗り換えるタイミングは、残金が1000万円以上で、返済期間が10年以上ある場合です。そして乗り換え前と後の金利差が1%以上あると乗り換えても成功するでしょう。乗り換えには手数料や労力がかかりますので、あまり金利差がないと変えた意味がなくなることもあります。

 

そして返済期間を検討することも上手く乗り換えるコツです。たとえばある程度子供の教育費の目処が済んだのであれば、残りの返済期間を短くすることで、総返済額を大きく減らすことができます。頑張った分老後の蓄えに回せるでしょう。その家庭の子供の人数や、年齢によって違ってきますので、深く検討する必要があります。

 

上記のようなコツを踏まえて賢く住宅ローンの乗り換えをおこなうとよいでしょう。焦らずに綿密に調べて行動することが大切です。

マンガで分かる!住宅ローン