住宅ローンには組み込めるものを全て組み込みましょう

住宅ローンには組み込めるものを全て組み込みましょう

住宅ローンを組む時には、組み込みという方法があります。

 

ローンを組める金額が3000万円が限度とすれば、家を2300万円で買い、車を200万円で買い、手元に100万円を置いておくというやり方も可能になります。

 

合計が2600万円ですので、銀行側も納得して貸してくれるでしょう。

 

ローンを組む時には、手数料として100万円前後のお金が取られます。

 

信じられない手数料ですが、平気で領収書にハンコを押してくれ、と言ってきます。

 

家を買う時は、不動産屋と銀行の言われるがままという状態が続きます。

 

素人ですから仕方がないですが、せめて自分に利益があるようなお金の借り方をしたいなと、思いますね。

 

住宅は立地を気にしなければ、建屋が良くても安い物件が多くあります。

 

家を買う時に住所を気にするようなことがないのなら、大通りから少し入った通りに家を買うと、少し安くなります。

 

家の造りにも問題があり、コンクリートで作られた家(RC)は高めの値段になっています。

 

木造で、収納が多い家が人気が高いです。

 

銀行から借りるお金は、自分が借りるお金で、自分が返済するお金です。

 

まるで自分のことではないように、事は進められて行きます。

 

銀行にも不動産屋にも臆せず、自分の意見が言えるように頑張って欲しいとおもいますね。

マンガで分かる!住宅ローン