住宅ローンのたいへんさ

住宅ローンのたいへんさ

住宅ローンはおそらく人生で一番大きな買い物として利用するローンだと思います。その金額の大きさがたいへんというのもありますが、返済が何十年となって長期にわたるというのも大変です。

 

銀行からお金を借りたり、公的補助金を利用したり、保証人を探したりと何かと手続きも手間がかかります。そういった借りる前段階が終わって返済が開始されると予定通りの収入で家計が順調なら住居費としては賃貸の家賃と同じ感覚で支払いを続ければいいので無理が生じない範囲ならなんとか返済を続けていけます。

 

しかし、ゆとり返済などにして返済金額が増えていくようなタイプの住宅ローンだと思うように収入が増えないと予想外に苦しい家計になって行きます。また賃貸なら収入にあわせていざとなると家賃の少ないところに引越せますが、住宅ローンだとそういうわけには行かず、住宅を手放すことも考えないといけない可能性もでてきます。

 

そういうことも考えて余裕を持って住宅ローンを組みたいですが、住宅自体が高額なので月々の返済の額を抑えると返済期間がかなりの長期化になり利子も増えてしまいます。住宅ローンで有効なのが繰り上げ返済で、余裕があれば予定よりも返済額を増やして返済期間を減らせば支払う額も少なくなります。

マンガで分かる!住宅ローン