住宅ローンを組むにあたって学ぶべきこと

住宅ローンを組むにあたって学ぶべきこと

我が家は家を購入して住宅ローンを払っています。といっても今までの家賃を払っていた金額程度の住宅ローンなので苦しいとかそんなことは現在感じませんが住宅ローンを組む際は知識もないなかで大きなローンを組むのは闇雲だと思い、色々と勉強してきました。まず住宅ローンを組むので一般的に多いのは銀行からの融資です。銀行さんによって金利は違えど仕組みは同じで、変動金利と固定金利に大きく分かれます。固定金利も5年や10年など年数が様々ですが、変動金利が一番安くて借りられる方法です。ですので変動金利を進める不動産がほとんどですがこれが落とし穴です。

 

変動金利の金利は半年に一回見直されているで5年間はこの低い金利で借りれますよとうたっていても金利が上がれば元金が思っていた金額より減っていないなという事態に落ちかねないのでこれが最大の落とし穴だと思います。変動金利の利点は金利の安さですが、よくせっかく買った住宅を手放す理由にはこのタイプの金利が絡んでいることがあります。ですので少し金利が高くても確実に返していける金額で固定金利を組むほうがいいと私は考えます。実際に我が家も変動金利の安さに惹かれつつ、固定金利にしました。

 

そもそも3000万円の住宅ローンを組むとします。安い変動金利で設定すると払えると思ってしまうのです。でもいずれ金利が上がるのは間違いないとなると金利が上がったのを確認してから固定金利に切り替えても遅いわけです。しかし変動金利で借りていい人もいます。住宅ローンの返済期間が短い人は安い変動金利でいっきに返済していくのがいいと思います。

マンガで分かる!住宅ローン