利率の低い所を選び、どんどん繰り上げ返済を

利率の低い所を選び、どんどん繰り上げ返済を

住宅ローンのように多額を借りる場合は、職場を始め何行かの金融機関を比べて、まず利率の低所を優先して選ぶと思います。
金額が大きいだけに、利率が0.1%高いだけで30年、35年の間に利息の額がとても違った額になるからです。

 

しかし、自動車ローンのようなものは、まず職場のローンがあれば、それを借りるのが一番です。
金融機関では、車はいわゆる贅沢品扱いとなり、住宅ローンより利率も随分高くなります。
しかし職場では、住宅、自動車とローンの内容に依って利率を変えないからです。
また、自動車ローンは10年程で完済出来ますから、その後他のローンを借りることが出来ます。

 

住宅ローンについては、今の時代、やはり利率の低い所を選ぶのが無難でしょう。
また、出来るだけ40代前半迄に最後の住宅ローンの契約を終わらせましょう。
40代後半、まして50代になると、80歳まで借りられないことがあります。
78歳位までしか貸してくれない金融機関が多いです。

 

それでも退職金の一部で完済出来る額を借りるなら良いのですが、退職金を全部使ってしまうのは、老後の生活を考えると不安ですから、止めましょう。

 

また、住宅ローンは出来るだけどんどん繰り上げ返済しましょう。
今は10万円位から繰り上げ返済できる金融機関が増えています。返済もネットで出来る所が殆どですから、家に居ながら簡単に返済出来ます。
返済した額に応じて、ローンの保証金も返ってきます。ただし、事務手数料を引かれますのであまり多額は返ってきませんが・・。

 

元金を返せば、利息も払わなくて済む分が多くなっていきますから。

マンガで分かる!住宅ローン