変動金利と固定金利のメリットを比較

変動金利と固定金利のメリットを比較

住宅購入を考えるとき、気になるのが住宅ローンではないでしょうか。
4月からは消費税あがアップする事もあり、今マイホーム購入を考えている人が増えているようです。
住宅ローンでは、固定金利と、変動金利がありますが、どちらが得するのか気になって、なかなか決める事ができない方も多いです。

 

この先に経済状況がどうなるのか、不安な事もあり判断が難しくなりますね。

 

この二つを並べて考えてみると、変動金利は借りた方がリスクが大きく、固定金利は貸した方がリスクが大きいと言えます。
固定金利のメリットは、返済計画が狂うことはありません。なので、人生設計を考えやすいと言われています。
変動金利の方は、金利を半年おきに見直すので、金利が上昇した場合は、元本の返済が、未来へ先送りされてしまう心配があります。
もしこうなってしまうと、返済期間以内に返済する事ができなくなるため、残りを一括で返済するか、ローンを改めて組むから決める事になるでしょう。

 

金利の動きはプロでも読む事は難しいので、返済期間に毎月返済することで、確実に返済が終わる固定金利のメリットはそこにあります。
変動金利のメリットは、経済を読み力があれば、固定金利より安くできる場合もあります。

 

この二つのメリットの、どちらを取るか決めるは、あなた次第です。

マンガで分かる!住宅ローン