住宅ローンにおける団信への加入

住宅ローンにおける団信への加入

金融機関に住宅ローンを申込むためには、「団体信用生命保険(団信)」への加入が条件になっています。住宅ローンは高額な借入になるため、金融機関にとっても回収のリスクが大きくなります。そのリスクの回避策となるのが団信への加入です。

 

団信とは言わば住宅ローンの債務を補償するための保険であり、契約者が死亡したり、高度障害になったりして住宅ローンの返済ができなくなると、保険会社が住宅ローンの残債を弁済します。従って、家族が返済を続ける必要が無くなり、住宅を失うこともありません。

 

ちなみに、団信への加入は住宅ローンの契約者が個々に申込むのではなく、銀行が住宅ローンの契約者全員の分をまとめて保険会社に申込むため、保険料がかなり安くなっています。それともう一つの特徴が通常、生命保険の保険料というのは性別や年齢で異なってきますが、団信には保険料の差がありません。

 

ところで、団信では住宅ローンの契約者の了解のもとに、金融機関が保険の契約者と保険金の受取人になり、住宅ローン契約者が被保険者となります。従って、保険料は金融機関が支払うことになりますが、ただ、実際には保険料は住宅ローンの金利の中に含まれています。

 

なお、最近では補償の中に3大疾病(がん、心筋梗塞、脳卒中)を入れることもできるようになっています。

マンガで分かる!住宅ローン